ノルウェー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

石油や水力発電、天然資源などかなり豊富な財を持っている国で当然平均年収(可処分所得)400万円台と裕福な国の1つです。大体平均月収にして33万円前後ですね。
税金はやはりお高めなようですが充実した社会保障がしっかりあります。
医療費や教育費がほとんどかからないというのは安心して生活が出来ると言う基準でもあるのでこういった制度が整った国が豊かになるのも頷けます。またノルウェーは子育て先進国でママに優しい国としても有名です。
女性が妊娠出産をして仕事を辞める、といった人はおらず男女ともに育休を取得出来ます。
もちろん育休後は元のポジションへ戻るのが当たり前。これって、日本では信じられない出来事ですよね。
何より驚きなのが希望者は必ず保育園に入園出来ると言う事や子供が病気の時には仕事を離れる事が出来ると言う事が保障されているという驚きの制度です。
日本では子供が熱を出すたびに胃をキリキリさせながら頭を何度も下げて会社を抜けるものですがノルウェーでは当然の権利として持ち合わせているのですね。日本ママにとっては泣くる程羨ましい制度です。
子供の熱というキーワードは日本のママにとっては耳が痛いですよね。
この重圧、かなりのものです。
ノルウェーでは仕事が終わるのが大体16時前後、そこからお迎えに行って家族で過ごす夕食。
もちろんパパママの帰宅時間に違いはないので家族と過ごす時間も大切しつつ自分の時間も十分確保出来そうです。
勉強も娯楽も自分のための時間って、
これってとても大切な事で人として生きていくための必要な時間とも言えます。
ノルウェーでの子育てに対する取り組みが日本でも広がれば子供を産んで育てたいと言う人も増えていくかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存