世界平均年収上位ランクインのルクセンブルクってどんなところ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ベルギー、ドイツ、フランスに囲まれたルクセンブルク。
神奈川県くらいの広さに近いと言われる小さな国ではありますが金融や工業を柱とした経済で
ルクセンブルクの豊かさを維持しています。
また失業率も低く所得差の激しさがあまりないのも特徴的です。
そんなルクセンブルクの平均年収(可処分所得)は470万前後。月収平均は39万円前後。
ヨーロッパらしい古い町並みに美しい風景が広がる人口50万人のルクセンブルク、
そんな豊かで美しい国で生活している人々の生活がとても気になります。
なにせ一人当たりの国民総所得が世界1な国です。
しかも企業に対して税金が安いため世界中からたくさんの企業が集まってきます。
よくネットショッピングでお世話になっている楽天も実はルクセンブルクにオフィスを構えています。
ちょっとビックリですよね。
SkypeやMicrosoft、Amazonなど有名かつ超がつくほどの大手企業の誘致に成功しているので
自然とお金が集まってくる国、といったイメージでしょうか。
そして世界でもトップクラスの豊かさを誇るルクセンブルクはなんと世界で1番コーヒーを飲む国だそうです。
ただこちらの理由の1つとしては隣国よりガソリンが安く税金も低いため買い物に来た客がコーヒーを買っていくので
必然的に消費量が高くなるそうです。
国境を越えてまで買い物に来る程ルクセンブルクでの買い物は割安なのでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存